のれんをオーダーメイドで作る場合の特徴

飲食店などでは、入り口付近にのれんを利用しているところは少なくありません。
のれんを利用する場合には、一般的には和風のものを使っていたかもしれません。

和風のれん

実際に、現在お店などで利用されているものの多くは、漢字やひらがななどが主体となっており、その背景なども和風のデザインが施されているものが多いです。
そして実際に、のれんを購入するとなれば和風のデザインが主体となるでしょう。

これに対して最近は、比較的安くオーダーメイドののれんが販売されています。
オーダーメイドの場合には、どのようなデザインにしても問題ありません。

そのため、自分たちが好みのデザインを利用しても良いです。
例えば、昔はほとんどなかった洋風のものを取り入れても良いかもしれないです。

よくある例の1つは、アメリカンでレトロのものです。
もしお店に利用する場合には、アメリカンレトロな雰囲気が漂うところならばぴったりとマッチするはずです。

そして、それを見た人は個性的なお店と感じるかもしれません。
個性を見せることができれば、お客さんの頭の中に深く刻み込まれ、
いつまでもそのお店のことを思い出してくれるようになるでしょう。

お店としては、インパクトがあるものを利用した方が、
リピーター客になりやすいためメリットがあります。

おしゃれのアルファベットを利用する

のれんのデザインは、デザインの注文であればどのようなものでも構いませんが、中でもアメリカンレトロにしたい場合はどのようなデザインにするか迷うかもしれません。その中でも、アメリカンであることを象徴付けるものの1つが、アルファベットになります。

のれん

その中でも、様々な種類がありますが、古き良き日のアメリカをイメージするために、昔の映画や作品紹介などを見てヒントを得るのが良いかもしれません。レトロと言っても、いつの時代に設定するかはその時代の映像作品や写真などを見てみないとわからないものがあります。過去の作品などを見ながら、それをうまくデザインの中に落とし込むようにするべきです。

お店ならば、お客さんの頭に刻み込むあるいは記憶に刻み込むようなものにしたいものです。そのための条件の1つが、よりお洒落なものにすることが必要です。

しかし果たして、入り口付近ののれんにお客さんを何度も呼び込む力があるかは疑問になりますが、のれんは間違いなくそのお店の印象を左右するものと言っても良いかもしれません。

しかも、飲食店の場合は食べ物でリピートするかどうかを決める人は多いですが、入り口付近のデザインだけで決める人はいません。
だからこそ、より潜在的に印象を記憶に埋め込むことが大事になるわけです。

 

ページのトップへ戻る